入居してから

途中で家を売ることはできますか?
できます。30年間は持ち家ですから、地主の了承を得た上で、中古マンションとして売ることができます。次のような手続きになります。
まず、地主に、家を売りたい旨を文書で伝えます。そのときに、地主が優先的に買い取ることができます。その場合の価格は原則として相場価格ですが、価格が合意できない時には、標準約款に定める予想相場価格の算出式に従います。地主が買い取らない場合は、自由に第三者に売ることができます。
ページトップに戻る▲
 
転勤などで一時的に家を他人に貸すことはできますか?
できます。ただし、他人に貸すときの賃貸借契約書には、30年目に建物所有者が変わる可能性を明記してください。なお、不適当者に貸すと風紀が乱れることもありますので、居住者同士の管理組合規約でルールを定めます。この規約は、居住者みんなで相談して決めるものです。
ページトップに戻る▲
 
建物の増改築はできますか?
内装(インフィル)は、自由に改造できます。一方、建物全体の骨組み(スケルトン)は、原則として増改築できません。なお、内装については、30年目以降、地主が買い取った場合にも自由に改造できます。
ページトップに戻る▲
 
ペットは飼えますか?
居住者が相談して、管理組合規約で決めます。これまでの例では、ルールを守った上で、ペットを飼えるようにしている住宅が多いようです。
ページトップに戻る▲
 
地震が起きて建物が壊れたらどうなりますか?
30年間は入居者の持ち家ですから、入居者の損害になります。その時点で、借地契約を解除することもできますし、マンションを再建することもできます。これは居住者が相談して決めることができます。31年目以降に壊れた場合は、建物を地主に売っていた場合には、賃貸マンションと同じですから、地主の損害になります。持ち家のままであった場合には、前記の通りです。
ページトップに戻る▲

 
マンションを建てるまで に戻ります 「スケルトン定借」よくある質問 に戻ります 30年目の建物売買について に進みます


[TOPページへ戻る]